MMORPG ArcheAge(アーキエイジ)の総合情報サイト。国内外のニュース情報やゲーム内で役立つノウハウなどを掲載しています。

[ニュース] ArcheAge 韓国 2.0アップデート「ノアルタ:開拓者」の意味とは?企画チーム長「ユーザー間の格差を減らし、参入障壁を下げる」

2013年に航海を始めたアーキエイジが韓国でサービス2周年を迎えた。簡単に振り返ってみると、アーキエイジでは、様々なコンテンツをユーザーに提供するためのイベントとアップデートがは非常に多かった印象だ。「ダフタの誘惑」というタイトルでリリースした最初の大規模アップデートから始まり、レベル拡張とエアナード図書館が追加された。以降、「1.0アップデートエアナード」、「1.2アップデート成長」を経て、「1.7アップデートリヴァイアサン」で、リヴァイアサンという最強の海上ボスが登場した。そして、2015年には「1.8アップデート勢力の英雄たち」が適用された。

このように一通り確認してみると、単純なアップデートタイトルの履歴ように見えるかもしれない。しかし、実際には、一つ一つのアップデートタイトルは、明確なテーマと目標を持っている。例えば、「1.7アップデート:リヴァイアサン」では、船舶と海上コンテンツ強化という企画意図が反映され、最近行われた「1.8勢力の英雄たち」は、英雄という存在を追加し、PVPやフィールドのコンテンツを楽しむことができよう開発会社の努力をうかがうことができる。 そして、5月20日には、「2.0ノアルタアップデート:開拓者たち」が更新された。

一方で、ユーザーの期待感が思ったより大きかったからであろうか、アップデートはあっても、コンテンツの量がやや貧弱であるという声もあがっている。もちろんアップデートプログラムのバージョンが必ず追加されるコンテンツの規模を明示することはできない(遅れて追加されることもあるため)ことが、期待の一方で、誤解と失望を与えてしまう部分でもある。 このような点の誤解を解くためにXLGAMESの企画チーム長から、今回のアップデートの主眼と企画意図、そして今後、アーキエイジが進む方向について説明がされているので紹介しよう。

■2.0アップデートが持つ意味は、「未来のための礎石」

Q. 5月20日2.0アップデートが適用されました。タイトルの「ノアルタ:開拓者」には、どのような意味が込められていますか?

公式ホームページを通じて公開された内容を見るとお分かりになると思いますが、今回のアップデートは、旧大陸のスパーキングビーチに非常に多くのコンテンツが集中しています。

住宅地や平和の状態などの基本的な環境設定から新しいコンテンツの追加などです。その中でも、ユーザーの参加により形成されてゆく、勢力別拠点は今後リリース様々な要素の開始点となります。

拠点を中心に勢力を拡大していくにつれ、国家として発展することができるでしょう。つまり、開拓者という言葉を選んだのは、ユーザーの参加により、旧大陸を自ら発展させることが狙いであります。今後、更新されるコンテンツと柔軟に連携できるように設計しています。

i11703684903
▲今回の更新プログラムは、今後追加されるコンテンツの出発点となるようだ


Q. 1.8勢力の英雄たちの後、2.0にバージョンを上げたのは特別な理由でもあるのでしょうか?


今回のアップデートは、一種のターニングポイントとして捉えてほしいため、そのようにしています。
事実、1.8から2.0にアップデートバージョンが上がり、種族や新規地域など大規模なコンテンツの追加を期待されたユーザーが多いと思われますが、最初に公開されたコンテンツの一部分だけを見ると期待外れと思われるかもしれません。

しかし、現在のアーキエイジとは異なった形で、ユーザーの方々の参加によって、より面白くプレイすることができるコンテンツを披露するために、まずは基盤を作るのがより重要だと考えています。このため、旧大陸、東大陸、西大陸には、今後の拠点となるような要素を作りました。ちょうど、前衛基地のような役割を果たすことになるでしょう。

Q. 2.0アップデートの企画意図、そして最も注目すべき要素は何でしょうか?

アーキエイジを通じて、楽しむことができる多様なコンテンツを積極的にプレイしながら活動をしてきた、既存のユーザー、そして、比較的疎外されてきたライト層や新規ユーザーの格差を減らし、プレイする動機を持たせることに焦点を置いています。

もちろん生活のコンテンツを中心にプレイするユーザーも多くいますが、装備や資金事情が良くなく、レイド戦や戦闘に参加したくてもできない場合が多いという問題点もあります。このようなユーザー達にプレイするきっかけとなるチャンスを与えたかったので、今回の2.0アップデートは、「努力しただけ分だけ補償を受けることができる」様々なコンテンツを用意しています。

もちろん、今まで多くの費用を投資したユーザーとこれからコアプレイヤーに追いつくために努力するユーザーとでは、ユーザー間の公平性は、十分に考慮する必要がありますが、基本的に上方修正および平準化に基準を置いて、適切な妥協点を見つける必要があります。

i13443386292
▲ユーザー間の格差を減らすことも重要事項の一つ


一方、今回のアップデートで最も注目すべき要素は、まだすべての内容が公開されているわけではないため、旧大陸のコンテンツと遠征隊システムだと思います。

今まで種族の使命など、別ガイドと動機を通じて旧大陸でのプレイを誘導してきましたが、率直に言って、旧大陸においてうってつけのプレイ要素は多くありませんでした。

そのため、スパーキングビーチに追加されるコンテンツをはじめとして、旧大陸でプレイする動機となる理由を持続的に持たせて提供する予定であります。

■「貢献度=ギルド経験値?」一挙両得の遠征隊コンテンツ

Q.遠征関連の変更点が多いです。以前とどのような違いがありますか?

実際に、遠征隊レベルの導入や戦闘コンテンツは、かなり古くから議論された部分でありますが、今回思い切って決定をしました。

更新前と後で比較をすると、基本的に募集と登録が容易になりました。遠征長がゲーム内の機能を使用して募集公告形式で広告することが可能であり、ユーザーはプレイスタイルや目的に合った遠征隊を検索し、選択して登録することができるようになります。

過去には、遠征登録方法が知人の紹介や、全体チャット、あるいは掲示板などで別々に話されたり、長い時間待たなければならないなどの不快感がありましたが、現在はボタン1つだけで可能となり、遠征隊の加入率がより高くなると見込んでいます。

 i11702582713
▲遠征隊お募集と登録が容易になった


Q.新しく変わった遠征隊の特徴とメリットは何ですか?

新たな刺激が重要であると考えており、「遠征隊レベル」と「貢献度」という要素を新たに導入しています。

二つには密接な関係があり、別の遠征隊活動ウィンドウを通じて確認が可能な「特別な任務」を完了した場合、個人には貢献度ポイントが与えられ、遠征隊にはレベルアップすることができる「経験値」が提供されることで、一挙両得の効果が期待できます。

特に貢献度ポイントは、エペリウム級マントとイヤリング、装着失敗のないムーンアイテムなどの便利なアイテムと交換することができますが、遠征隊レベルに応じて、一つずつアンロックされていく形態で提供されます。一日に得ることができる貢献度自体が少ないため、個人およびすべてのメンバーの活動が重要になるものであり、プレイに大きな影響を与える導線として設計しました。

また、遠征レベルが高くなるほど、常時適用される遠征バフも受けることができるようになります。もちろん、大規模遠征隊と小規模遠征隊間の経験値獲得の差を考慮して、直接戦闘に関連する利点は抑制し、経験値や戦利品獲得率の上昇などの一般的な効果を得ることができようにしています。

ここで、効果は遠征隊活動を活発にした場合、兆候の隙間や、既存のコンテンツを利用する過程で2倍上方修正された効果を得ることができます。

i11776597478
▲遠征レベルに応じて受けることができる利点


Q.遠征隊間の戦闘機能が導入されましたが、補償内容とコンテンツが気になります。

遠征隊の戦闘は、既存の国家や遠征隊単位の戦闘が不公正な戦いになる時がかなり多いため、適正な線で平準化させたい狙いで追加されたコンテンツであります。遠征レベルが3以上の時、可能であり、最初に100ゴールドの費用を支払えば、指名した遠征隊に宣戦布告をすることができます。

一つ知っておいてほしいのは、宣言を受けた遠征隊は拒否権自体がないため、1時間は否応なく敵対状態が持続するというものです。この時間の間に、両方の遠征隊員は、一般的な狩り場はもちろん村の内部、平和地域など、どんなフィールドでも自由に戦闘をすることができ、最終的なキル数に応じて勝敗が決まります。企画意図も「気軽に戦うことができる装置を提供」であるため面白い要素になりそうです。

i11734629682
▲一定キル数による判定や引き分け処理も想定されている


そして、遠征隊には、戦闘宣言の拒否権がないため、悪意のある利用や小規模遠征隊の保護目的のため、戦争の終了後、一定時間は、再宣言を制限するなどの保護装置も用意されているので、大きな心配はしなくても大丈夫です。

一方、勝敗に応じた補償は、現在のところありませんが、もし補償が与えられる場合は、いくつかの問題が発生することがあるため、ある程度システムを検証したのち、追加する予定であり、利用するユーザーが多い場合には、ランク戦やリーグ戦の形式で発展することも想定しています。

■新規フィールドとマント合成機能を追加!旧大陸コンテンツの変化

Q.旧大陸コンテンツを追加するために、最も重要な部分とは何ですか?

既存のユーザーと新規・ライトユーザー間の格差を減らし、様々なコンテンツを提供することに重点を置いています。多くの努力と時間、コストを投資して装備スコアが高いユーザーもおりますし、平均以下の装備により、PVPなどの戦闘コンテンツではなく、静かな生活のコンテンツを中心にプレイするユーザーもいます。

このようなユーザーのために、フィールドでのアイテムのドロップ率が上方修正され、レベル51のモンスターから新たなアイテムが得られるように修正を加えました。

ここで、レベル50からレベル55までの必要経験値が高すぎる設定された点を改善するために、全体的に経験値テーブルを調整しています。おそらくクエストラインに沿って、適当に狩りをする場合、ボーンプレイスにおいて、レベル52を達成することができるようになりました。

これにより、図書館進入レベルもレベル52~53程度と想定されており、レベル51以上のモンスターは、ドロップ率と経験値が大幅に上昇しており、フィールド狩りだけでレベル55に達することができます。この過程で、新規フィールドドロップアイテムも獲得が可能なので、最大レベルを達成したときに、ある程度アイテムレベルを備えることができるようになります。

さらに、既存のダンジョンに「古代難易度」が追加され、旧大陸のフィールドのモンスターと同様に、経験値効率が良く、レベル51以上のユーザーが、レベルアップするのに有効になりました。また、深淵の残骸という強化トークンを古代ダンジョンプレイを通じて、獲得することができ、このトークンは、古代のダンジョンで、ドロップされるアイテムを強化する目的で使用することができます。

i11702328079
▲古代ダンジョンを通じて獲得できるアイテム


Q.旧大陸新規コンテンツがスパーキングビーチに集中していますが、どのような変化がありますか​​?

スパーキングビーチ地域の設定が、平和から中立に変更され、いつでも名誉点数を獲得することができる場所に変化しています。

ここで、旧大陸とヌイア大陸、ハリハラ大陸がそれぞれ段階的に、アップグレードすることができる「勢力基地」が追加され、新しいコンテンツをプレイすることができます。

ただし、コンテンツの追加による規制問題のため、これまで、スパーキングビーチ住居に家や家庭菜園を保有しているユーザーたちに対して、必然的に撤去と補償の支給などを決定している点は、申し訳ありません。

Q.勢力基地はどのような形でアップグレードすることがきますか?

前にも紹介した遠征隊の任務を通じて、勢力基地をアップグレードすることができます。

実行回数が1日1回で、限られた遠征隊の任務は、デイリークエストのように、別の目標が定められていますが、勢力メンバーが完了するたびに、別の開拓カウンタが蓄積されて、一定以上の蓄積された場合は、手順がアップグレードされます。

つまり、遠征任務を解決するには、個人の貢献度を獲得しながら、同時に遠征隊では、レベルアップのための経験値、そして、基地のアップグレードにも貢献する必要があるということです。

特に、勢力基地のグレードが高くなると、中立地域に変わったスパーキングビーチで、勢力メンバーを保護してくれる様々な装置や設備が追加され、住宅地と直接、接続し利用することも可能です。

i11767144368
▲手順に従って、様々な建物が追加される勢力の基地


Q.基地と拠点になるなら、近くに新しい住宅地域が追加されるのでしょうか?

旧大陸開拓の手順に従って、図書館を中心に大砲、兵器、守護塔などが建設され、スパーキングビーチを周辺に新たな住宅地域が生じます。

この住居空間には、警備NPCや、一定の範囲内に入ってきた、敵対的なターゲットを攻撃する守護塔などが追加されるので、効果が及ぶ範囲内で、他の大陸のユーザーからある程度、保護することができます。

そして住宅地域と勢力拠点を結ぶ橋も、両端に防御的な要素が追加されており、戦車を利用した戦いなど、より安定的に活用することができるようになります。

Q.この他にも「旧大陸浄化」というコンテンツも追加されます。フィールド戦が概念でしょうか?

そうではありません。今回追加される二つのコンテンツは、スパーキングビーチに追加された要素のうち比重が大きい方です。

そのコンテンツについて、もう少し詳しく説明すると、スパーキングビーチの開拓が進むにつれて、敵の軍隊が基地を直接襲撃する勢力イベントが発生します。登場前にワールドシステムメッセージで通知され、最終的に倒すべき存在は、レイドボス級モンスターの難易度ほど高くはありませんが、攻城ダメージのみを受けるように設定されています。

つまり、戦車を召喚して攻撃することが効果的であり、戦車がないユーザーのために、携帯用攻城砲のような攻撃兵器も配置されているため、誰でも参加することができる。このようにイベントが終われば、要塞浄化につながって、一定時間、敵対勢力を攻撃する味方の守護塔が有効になります。

i11702328079
▲今回のアップデートの中核コンテンツとなる「旧大陸浄化」


一方、オースト魔力塔は、一種の新規狩り場です。競争を通じて浄化を完了すると、その勢力メンバーを保護するガーディアンタワーが建設され、一定の半径内に入ってきた敵に、強力なダメージを与えるので、事実上、狩り場を占拠することができる要素として作用します。

特に、この装置の重要な点は、狩り場において、登場するモンスターを倒した時、一定確率で特別な材料アイテムを得ることができるため、獲得した材料は、今回追加される合成システムを利用して、上位マントなどのアイテムを得ることができるようになります。

もちろん、ガーディアンタワーの保護を受けられない、反対側勢力メンバーもこの狩り場で、材料などのアイテムファーミングは可能ですが、行動半径の減少と共に危険にさらされた状態で、狩りをしなければなりません。

Q.新規狩り場で獲得した材料では、どのようなマントを作成することができますか?

今回、遠征貢献度で購入できるアイテムのリストを見ると、エペリウムの閃光・安息・加護・誇りなどのマントがあり、まさに、このマントの能力値をアップグレードすることができるのが、遠征隊浄化コンテンツで獲得できる材料です。

材料アイテムの場合は、フィールド狩り時、短い周期で得ることができ、一度マントをアップグレードするたびに、アイテムの成長値を直感的に理解することができます。

何よりもランダムという要素が含まれていて、よい評価を得るためには、努力と莫大な運が必要であり、ゴールド平原のアクセサリーとは異なり、参加した時間に比例して、マントの評価を上げることができるというのが、最大の利点であるわけです。

i11705541511
▲貢献度で購入することができるマントをアップグレードできる


■強化失敗、製作のストレス軽減など利便性の改善

Q.今回ありとあらゆる日コンテンツが改善されます。補償が良すぎませんか?

これまで、今までの苦労に比べて、報酬が貧弱であるという指摘が多くありました。もっと明確な目標を付与するために、「ありとあらゆる」デイリークエストの補償を調整しました。

ミッション達成回数に応じて、成果の星、成果の小型/中型/大型ギフトボックスを得ることができますが、金銭的な面で、以前よりも上方修正といえます。そして、面倒でしていなかったクエストなどの補償も調整しました。

Q.強化確率の調整に関して、ユーザの関心が高いです。内部的にどのように評価していますか?

強化確率調整の最大の理由は、失敗に対するユーザーのストレスを軽減することにあります。古代の評価は、1.2倍、英雄等級は1.5倍、唯一等級は、1.67倍強化確率が上昇し、遺物等級以上のアイテムは、大失敗で破壊された場合、一定の材料を返却する措置が追加されました。

実際に、2.0アップデートで適用される強化確率に対して、内部的にシミュレーションも行ってきましたが、確かに上昇した結果を得ることができましたし、体感上より高く感じられるほどでありました。おそらく、現在の遺物の評価まで、より簡単に強化することができるものとみられ、ある程度のコスト削減も可能と思われます。

i11764320475
▲今回変更される強化確率


Q.製作に使われる材料も統合されていますが、どのよう変わるのでしょうか?

今まで、ディルフィナード/エペリウム/エアナードなどのアイテムの種類、そして古代/英雄/唯一などの評価に細分化されており、魔力抽出時に得られる材料が、非常に複雑で種類も多かった。そのため、今回のアップデートでは、種類と材料に応じて統合が行われ、遺物評価以上の強化は、失敗した場合にも得られるように改善されました。

例えば、遺物等級のローブを分解あるいは、強化の失敗時に、2つの凝縮された魔力の布を取得し、上位エペリウムのローブの場合、6つの凝縮された魔力の布を獲得することができます。つまり、同じ種類のアイテムは、評価に応じて、凝縮された魔力の数に違いがあり、この材料を用いて製作もより一層容易になる見込みであります。

このような措置は、強化確率の調整と制作の利便性の向上やストレスを改善するためでありますが、制作に活用することは、ディルフィナード等級のアイテムまで適用されます。また、統合前に保有している様々な種類の材料は、今後、新規材料に変えることができるよう、別の作製法が提供される予定であります。

i11735857997
▲全9種類に統合されている


Q.システム的に改善された部分はありますか?

「1.8アップデート:勢力の英雄たち」で一緒に登場した、ユーザー投票で決まる英雄、英雄者への補償が追加される予定であります。

約3ヶ月程度、監視をした結果、大きな問題もなく、システムが動作すると判断して、6月に選出される英雄から上品維持費の面で、追加補償が支給されます。ただし、すべての英雄が該当するわけではなく、活発な活動をしたと判断されるの英雄のみ補償が与えられます。

■今後の計画とアーキエイジが進む方向

Q. 2.0アップデート以後の計画について気になります

アーキエイジのエンドコンテンツと見ることができる「国家システム」に関連するアップデートが予定されています。

もちろん、まだ不十分なうえ、複数の問題を持っているということは認識しています。企画の方向がズレてしまうといけないと思うほど、不足している点を修正するために、多くの時間がかかりますが、ある程度の改善が完了したと判断された場合には、適用するつもりでいます。新規サーバーのノアルタの国家システムが制限された理由も、このような点であります。

そして、前兆の隙間のように、多くのユーザーが参加することができ、良い報酬が与えられるコンテンツを中心にアップデートする方針でいます。新規新スタンスダンジョンや新規フィールドなどコンテンツも準備しています。いずれにせよ、2つの方針を持って作業をしているので、近いうち公開することができるものと思われます。

i11726753290
▲一緒に公開されたコンセプトアート


Q.最後に今回のアップデートを心待ちにしているユーザーにメッセージをお願いします。

インタビュー序盤に述べたように、今回のアップデートが与える意味は、今後、アーキエイジを通じて披露される「全体像」は、出発点と見ることができます。

その中でも重要だと考えている点は、ユーザの参入障壁を下げ、格差を減らすことにあります。そのために、様々なコンテンツを適切に楽しむことができなかった環境を整え、ユーザーの努力した時間に応じて、適切な報酬を得ることができる方法を提示することができました。新しい2.0コンテンツで、少しずつ達成感を味わうことができるものと期待しています。

特にコアユーザー達からは、苦情が出てくるものとおもわれますが、上方修正および平準化を通じて、このような部分を徐々に改善していく予定であります。今後、アーキエイジが進む道を見守り、一緒に歩いていただければ幸いです。

関連記事

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

アーキエイジ情報(準備中)

  • ユーザーニュース
  • 議論/意見交換掲示板
  • ヒントとノウハウ
  • 知識情報の収集
  • 製作レシピ/材料共有
  • 乗り物情報共有
  • バグ情報提供
  • 貿易/狩猟/レイド情報提供

便利なヒント

初心者のための職業選択ガイド
10の能力と波及効果
武器・防具着用の効果
武器別の隠された発動効果
乗り物情報総まとめ
グライダー情報総まとめ
各種船舶情報総まとめ
動くほどお金になる貿易の基本
貿易のすべてを紹介
かわいい戦闘ペットの猫
最強の名誉システム得る方法
PCの仕様とオプション設定法
50FPS!オプション最適化設定

インスタンスダンジョン情報

イシュバラ王宮地下(Lv18)
コールドウィンド廃鉱(Lv18)
ブルタン城の武器庫(Lv31)
ハディル農園(Lv31)
グロウルホール(Lv41)
破壊のゆりかご(Lv45)
古代グロウルホール(Lv50)
エターナルアイランド(Lv50)
ナチャッシュガル(Lv50)
入館管理室(Lv50)

貿易のヒント

乗り物のヒント

アイテム情報

職業情報